Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のマイナンバー郵送事故、全国で130件

マイナンバー通知書の誤配達や紛失、誤交付などの事故について、日本郵便の各支社が11月に公表した件数が130件にのぼることがわかった。

11月1日から30日までの1カ月に、日本郵便が公表したマイナンバー通知書の郵送事故について、本誌が集計を行ったもの。誤配達や誤交付が多く見られる一方、一時紛失や誤転送のほか、一般郵便物として配達する事故も発生した。

支社別に見ると、北海道が5件、東北が10件、東京が25件、関東が23件、南関東が12件、信越と北陸が各1件、東海が19件、近畿が2件、中国が10件、四国が7件、九州が14件、沖縄が1件となっている。

(Security NEXT - 2015/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意