Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のマイナンバー郵送事故、全国で130件

マイナンバー通知書の誤配達や紛失、誤交付などの事故について、日本郵便の各支社が11月に公表した件数が130件にのぼることがわかった。

11月1日から30日までの1カ月に、日本郵便が公表したマイナンバー通知書の郵送事故について、本誌が集計を行ったもの。誤配達や誤交付が多く見られる一方、一時紛失や誤転送のほか、一般郵便物として配達する事故も発生した。

支社別に見ると、北海道が5件、東北が10件、東京が25件、関東が23件、南関東が12件、信越と北陸が各1件、東海が19件、近畿が2件、中国が10件、四国が7件、九州が14件、沖縄が1件となっている。

(Security NEXT - 2015/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社