Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ主催CTF、韓国のチームが優勝

トレンドマイクロが主催するセキュリティ技術の競技大会「Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015」の決勝が11月21日、22日に開催された。韓国のチームが優勝を果たし、HITCONへの出場権を獲得した。

同大会は、セキュリティに関する技術や知識を競い合う技術者向けの競技大会。9月にクイズ形式のオンライン予選を実施。日本を含むアジア太平洋地域から29の国と地域から881チーム2283人が参加。上位10チームが予選を通過した。

決勝戦は11月21日、22日に開催。サーバへの攻防戦を繰り広げ、韓国の「CyKor」が優勝を果たした。同チームには、賞金100万円のほか、12月に台湾で開催される「HITCON CTF FINAL 2015」決勝戦の出場権が与えられた。

続く2位は、中国のblue-lotusで、日本チームの最高順位は3位だった。出場チームと順位は以下のとおり。

1位:CyKor(韓国)
2位:blue-lotus(中国)
3位:TokyoWesterns(日本)
4位:OO AT XX 4(台湾)
5位:binja(日本)
6位:217(台湾)
7位:K17(オーストラリア)
8位:0ops(中国)
9位:_0x0_(日本)
10位:BambooFox(台湾)

(Security NEXT - 2015/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生向けCTF「NetWars 2021」、11月に開催 - NRIセキュア
アジア圏U25対象のCTF大会「ACSC 2021」 - 成績優秀者はアジア代表に
国内最大級のCTF大会「SECCON 2021」、12月に開催 - 初心者向けCTFなど5月よりスタート
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も