Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス被害のタミヤ、4カ月ぶりに通販サイトを再開

プラモデルやラジコンなどの模型販売を展開するタミヤは、不正アクセスによる顧客情報流出を受けて停止していたオンラインショップを再開した。

今回の不正アクセスにより同社では、「タミヤショップオンライン」の登録者最大10万2891件のほか、見学の予約をした顧客最大3824件、「TRFプロジェクトサポーター」の登録者最大653件など、個人情報が漏洩した可能性があるとして7月10日にオンラインショップを停止していた。

同社では調査とともに、セキュリティの強化を実施。ウェブアプリケーションの脆弱性対策や、不正アクセスに対する自動遮断システムの導入などを実施したうえで、オンラインショップを再開した。

再開にあたって同社では、全会員のパスワードをリセットを実施しており、再設定するよう案内。ポイントの有効期限を2017年3月末まで延長した。

(Security NEXT - 2015/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
ネット専用プリペイドカード「Vプリカ」のアプリに不正アクセス
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS