Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス被害のタミヤ、4カ月ぶりに通販サイトを再開

プラモデルやラジコンなどの模型販売を展開するタミヤは、不正アクセスによる顧客情報流出を受けて停止していたオンラインショップを再開した。

今回の不正アクセスにより同社では、「タミヤショップオンライン」の登録者最大10万2891件のほか、見学の予約をした顧客最大3824件、「TRFプロジェクトサポーター」の登録者最大653件など、個人情報が漏洩した可能性があるとして7月10日にオンラインショップを停止していた。

同社では調査とともに、セキュリティの強化を実施。ウェブアプリケーションの脆弱性対策や、不正アクセスに対する自動遮断システムの導入などを実施したうえで、オンラインショップを再開した。

再開にあたって同社では、全会員のパスワードをリセットを実施しており、再設定するよう案内。ポイントの有効期限を2017年3月末まで延長した。

(Security NEXT - 2015/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
サイトが侵害被害、検索サイト経由で無関係サイトにリダイレクト - 宝塚大
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
即席麺のヤマダイ公式サイトにサイバー攻撃 - 影響範囲を調査中
コンタクト専門店のTwitterアカウントが乗っ取り被害
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出