Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

優先順位を付けて修復する「Symantec ATP」 - SEPの拡張で利用可能

米Symantecは、脅威を検知して優先順位を付与し、その上で修復を行うソリューション「Symantec Advanced Threat Protection」を発表した。2015年末までに市場へ投入する予定。

同ソリューションでは、「Synapse」を利用し、エンドポイントやネットワーク、メールから相互に関連付けて疑わしい活動を収集。

クラウドを利用したサンドボックスおよびペイロードのデトネーションサービスである「Symantec Cynic」により、優先順位を付けて組織への影響が大きいイベントから優先的に対処、攻撃を防御する。

エンドポイントにあらたにエージェントを導入することなく、従来の「Symantec Endpoint Protection」と「Email Security.cloud」を拡張することで利用することが可能。またサードパーティのSIEMに脅威情報を提供することも可能だという。

(Security NEXT - 2015/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
「制御システムセキュカンファレンス2021」の参加受付がスタート
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ