Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、2016年版を発表 - アドウェア対策など新機能

カスペルスキーは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの2016年版を10月15日に発売する。同社オンラインショップで先行販売を開始し、パッケージ版は11月12日より提供する予定。

20151014_kl_001.jpg
記者発表会に登壇した同社代表取締役社長の川合林太郎氏

今回発表した「カスペルスキー2016マルチプラットフォームセキュリティ」は、マルチプラットホーム環境で利用できるセキュリティ対策ソフト。最新版では、「Windows 10」「OS X 10.11 El Capitan」など最新OSをサポート。「Android 5.1(Lollipop)」についても11月に対応する予定。

Windows版にウェブトラッキングの防止機能を追加。またアドウェアなどにより、検索エンジン、ツールバー、デフォルトブラウザなどがユーザーの意図に反して変更されることを防ぐ「システム変更コントロール」を追加した。

さらにWindows向けに提供していたオンライン決済の保護機能をMac版へ追加。ユーザー向けにポータルサイト「マイカスペルスキ―」を提供し、インターネット経由でデバイスの状況を確認したり、スキャンの実施やライセンス管理が行える。

1年間1台で利用できるダウンロード版の価格は3980円。複数年版や5台版、同居の家族であれば、台数に制限なく利用できるプレミアライセンス版なども用意している。

(Security NEXT - 2015/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充