Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、DB操作ログを監査する内部不正対策ソリューション

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、データベースの操作ログを収集し、監査などに利用できる「FUJITSU Security Solution データベース情報漏えい対策ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、アクアシステムズのデータベース情報漏洩対策ツール「AUDIT MASTER」と、同社の「FUJITSU Security Solution SHieldWARE NE」を組みあわせたもの。企業内やクラウド上のデータベースを一括して監査できる。

「AUDIT MASTER」では、データベースにおける操作ログを収集し、暗号化して保存。不正操作の通知や監査レポートの作成に対応。

一方「SHieldWARE NE」により、ログインからすべての操作履歴を動画で記録するほか、承認のワークフローを記録したり、AUDIT MASTERのログによる監査へ対応する。価格は、MySQLの場合、552万9600円から。導入費用と保守費用が別途必要。

(Security NEXT - 2015/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ
HTTPサーバのライブラリ「libmicrohttpd」にバッファオーバーフローの脆弱性
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
WP向け会員制サイト構築プラグインにSQLi脆弱性