Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策推進協議会が一般社団法人化

セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)は、一般社団法人化として活動を開始したと発表した。

同団体は、通信事業社やITベンダー、セキュリティベンダーの支援のもと、任意団体として啓発活動を展開。セキュリティについてアドバイスを行う「情報セキュリティサポーター」の育成講座開催や、学習テキストの発行、「情報セキュリティサポーター」の検定試験を運用している。

今回、NTTコミュニケーションズ、NTTデータ、カスペルスキー、KDDI、ディアイティ、トレンドマイクロ、日本マイクロソフト、ラックが設立企業となり、法人格を取得。会長には、ディアイティの取締役会長である下村正洋氏が就任した。

今後は、全国各地でサポーターによる相談会を開催するなど、情報格差の解消やサイバー犯罪被害の抑止に向けた活動を引き続き展開していく。

(Security NEXT - 2015/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研修申込者の個人情報をネット上に誤公開 - 埼玉県
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
ベンチャー3社、「プライバシーテック協会」を設立
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省
100社限定で中小企業の「EDR」体験導入を支援 - 東京都
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
「個人情報を考える週間」、2022年は5月30日から