Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCSK、負荷からセキュリティまで一元対応する監視サービス

SCSKは、ネットワークやアプリケーションのパフォーマンス管理やセキュリティ監視を一元的に行う「Perfect Performance Monitoring Service」を提供開始した。

同サービスは、ネットワーク、アプリケーション、セキュリティなど、複合的な環境へ一元的に対応する監視モニタリングサービス。企業や組織はもちろん、クラウド事業者や金融機関といったインフラ事業者などの需要にも応える。

エージェントを用いずに稼働システムのネットワークにおけるレイヤー2から同7までを同社データセンターにて監視。稼働状況の報告や運用支援にくわえ、負荷の予測による障害の予兆を報告したり、トラブル対応なども行う。オンプレミス、コロケーションのいずれも対応可能。

月額料金は86万4000円から。別途初期費用が必要。同社は、2018年3月までに20億円を目標にサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能