Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」に複数の脆弱性 - 修正版が公開

「Apache Struts 2」に任意のスクリプトが実行可能となる脆弱性が複数含まれていることがわかった。

「同2.3.16.3」や以前のバージョンにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。いずれも日本国内から報告を受けた脆弱性だった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「CVE-2015-2992」が存在し、JSPファイルに対して直接アクセスできる場合、 「Internet Explorer」上で、任意のスクリプトを実行される可能性がある。

またクロスサイトスクリプティングが可能となる「CVE-2015-5169」が含まれており、開発モードを有効化している場合、ウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。

「CVE-2015-2992」は、三井物産セキュアディレクション(MBSD)の諌山貴由氏、「CVE-2015-5169」はラックの吉川允樹氏がそれぞれ情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。いずれの脆弱性も「同2.3.20」にて修正されている。

(Security NEXT - 2015/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏