Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内最大のカード決済ネットワークで一時障害 - 現在は復旧

クレジットカードやデビットカードなどの決済サービスを提供するNTTデータの「CAFISシステム」において9月5日に一時障害が発生した。現在は復旧している。

同社によれば、「CAFIS(Credit And Finance Information System)サービス」において処理を振り分ける「FEPサーバ」がダウンしたもの。2015年9月5日16時過ぎから17時半過ぎにかけて約1時間半にわたり、一部で取り引きができない状態となった。

同システムにおいてハードウェアが不安定な状態となり、不安定な動作を制御するミドルウェアでも制御しきれずサーバがダウン。同社では障害発生後にサーバの切り替えを実施し、現在は正常に処理できる状態へ復旧している。

CAFISは、クレジットカードの与信照会などを提供するサービス。加盟店とクレジットカード会社や金融機関の決済サーバを中継しており、決済処理の件数は1日あたり1000万件超にのぼるという。災害やシステムトラブル対策として、東京と大阪にセンターを分散配置しているほか、接続回線など冗長構成を取っている。

(Security NEXT - 2015/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

千葉県自治体情報セキュリティクラウドで一時障害 - 2カ月連続で発生
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
一部5G回線で一時ネットを利用しづらい状態に - NTTドコモ
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
決済サービス「d払い」などで「3Dセキュア」が一時利用不能に