Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT投資、規模や分野問わず「セキュリティ」が最重要領域

2015年度の国内企業におけるITへの支出状況について、「増加」が「減少」を上回った。従業員規模や産業分野に関係なく、「セキュリティ」が最重要の投資対象となっているという。

IDC Japanが2015年度のIT投資動向に関する調査を実施し、結果を取りまとめたもの。国内の企業や団体1480社のCIOまたはそれに準ずる人を対象にアンケートを行った。

調査結果によると、2015年度のIT支出計画は前年比で「変わらない」とする企業が6割以上を占める。一方、従業員1000人以上の大企業と999人から100人の中堅企業では「変わらない」割合が減少して5割を下回り、「増加」と回答した割合が大企業で37.2%、中堅企業で35.9%と、いずれも「減少」を上回った。

またCIOがIT課題、IT投資領域として挙げた項目のうち、「セキュリティ」がすべての従業員規模、産業分野でトップとなった。

標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃や、内部関係者の不正行為による情報漏洩などが大きく報道されていることから、セキュリティに対する意識が高まっていると同社では分析している。

ただし、国内ITサービス市場は2015年以降もプラス成長が続くものの、成長率は徐々に鈍化すると予測している。

(Security NEXT - 2015/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験