Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シャトレーゼに不正アクセス - 会員情報21万件が流出か

洋菓子の製造販売を展開するシャトレーゼは、同社のウェブサーバが不正アクセスを受け、ウェブ会員の登録情報20万9999件が流出した可能性があることを明らかにした。

20150730_ch_001.jpg
事態を公表したシャトレーゼ

同社において、7月28日11時半過ぎに不正アクセスの痕跡を確認。調査を行ったところ、同月27日21時半ごろ、SQLインジェクションの脆弱性を突かれ、ウェブ会員の個人情報が流出した可能性があることがわかったという。

情報取得されたおそれがあるのは、ウェブ会員20万9999件の電話番号や誕生日、メールアドレス、ID、パスワードなど。そのうち13件については氏名と住所も含まれるという。

同社では流出の判明後、28日21時50分にウェブサイトを停止。攻撃に悪用された脆弱性を修正した。対象となる会員には、個別に連絡を行っているが、被害の報告は受けていないという。サイトの再開については、セキュリティ事業者による安全確認後になる予定。

(Security NEXT - 2015/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
SQLi攻撃で顧客情報流出、顧客に脅迫メールも - アパレルブランド