Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡県飯塚地区消防本部のサイトに不正アクセス - メルアド1798件流出

福岡県飯塚地区消防本部のウェブサイトが不正アクセスを受け、災害情報配信システムに登録している1798人のメールアドレスが流出した。

同本部によれば、複数の消防職員に不審なメールが届いたことから調査を実施したところ、7月6日14時過ぎにウェブサイトが不正アクセスを受けていたことが判明したという。災害情報配信システムに登録している職員や住民のメールアドレス1798件が流出したおそれがある。公文書などの漏洩については否定している。

同本部ではウェブサイトを一時停止し、登録者に不審なメールに対する注意喚起を実施。保守の委託業者による調査を経て、同日14時にウェブサイトについては再開した。災害情報配信システムについては停止しており、セキュリティ対策の点検を行っているという。

(Security NEXT - 2015/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
不正アクセスで虎の門病院サイトが閲覧不能に - 電子カルテに影響なし
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
朝日インテックでシステム障害 - ランサム感染被害で
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か