Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、ログ相関分析による攻撃検知サービス - シマンテックの脅威DBを活用

インターネットイニシアティブは、ログの相関分析によりセキュリティインシデントを早期に検知、通知するソリューションを提供開始した。

「IIJ統合セキュリティ運用ソリューション」は、セキュリティ機器やネットワーク機器のログを収集、相関分析により脅威を検知するソリューション。

シマンテックの脅威監視データベースを活用しつつ、24時間体制でデータを解析。インシデントの予兆を検知してアラートを発行する。

導入のコンサルティングをはじめ、ログの収集、解析に必要なシステム基盤の構築、運用、保守までワンストップで対応。緊急対応など、サポート体制を提供する。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
組織横断的なダークネット観測で攻撃予兆を検知する技術 - 慶大らが実証
クラウドのセキュリティ状況を可視化するソリューション - チェック・ポイント
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携