Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化

英Micro Focusは、SIEMソリューションの新版「ArcSight 2020」を発表した。セキュリティオペレーションセンター(SOC)や、エンタープライズ向けに展開する。

同製品は、ネットワーク機器やアプリケーションなどのログを収集し、相関分析が行えるSIEMソリューション。今回のアップデートは、ATAR Labsの買収を受けて実施したもので、セキュリティ運用を自動化する同社の「SOAR」の機能を盛り込んだという。

また相関分析から脅威ハンティングやコンプライアンス準拠を支援する「ArcSight Recon」や、2019年に買収した「Interset」の機能を搭載し、内部の脅威やAPTなどを行動分析によって検出する機能を統合。「ArcSight Logger 7.1」により、検索するユーザーインタフェースの改善や、検索結果の活用が容易になった。

(Security NEXT - 2020/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン