Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化

英Micro Focusは、SIEMソリューションの新版「ArcSight 2020」を発表した。セキュリティオペレーションセンター(SOC)や、エンタープライズ向けに展開する。

同製品は、ネットワーク機器やアプリケーションなどのログを収集し、相関分析が行えるSIEMソリューション。今回のアップデートは、ATAR Labsの買収を受けて実施したもので、セキュリティ運用を自動化する同社の「SOAR」の機能を盛り込んだという。

また相関分析から脅威ハンティングやコンプライアンス準拠を支援する「ArcSight Recon」や、2019年に買収した「Interset」の機能を搭載し、内部の脅威やAPTなどを行動分析によって検出する機能を統合。「ArcSight Logger 7.1」により、検索するユーザーインタフェースの改善や、検索結果の活用が容易になった。

(Security NEXT - 2020/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ