Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、DNSクエリを監視して不正通信を遮断するクラウドサービス「DNSWatchGO」を発表した。

同サービスは、DNSベースで不正通信を検知、遮断するクラウドサービス。DNSクエリを同社の不正ドメインリストと照合し、相関分析を実施。フィッシング攻撃やコマンド&コントロールサーバなどへの接続を検知、遮断する。

クラウドサービスのため、組織のネットワーク外からも利用することが可能。遮断された通信の分析結果を管理者やマネージドサービスプロバイダに通知する。

またフィッシングサイトへのアクセスを遮断した場合は、ユーザーを教育コンテンツへリダイレクトし、注意喚起できる。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン