Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、8日にFlash更新を公開予定 - ゼロデイ脆弱性に対応

伊Hacking Teamから情報流出し、Adobe Flash Playerに深刻なゼロデイ脆弱性が含まれていることが判明した問題で、Adobe Systemsは、米国時間7月8日に緊急アップデートを公開すると発表した。

20150708_as_001.jpg
公開予定をアナウンスしたAdobe Systems

今回明らかになったのは、「同18.0.0.194」および以前のバージョンに影響を及ぼす脆弱性。CVE識別番号は「CVE-2015-5119」に採番されており、重要度は「深刻」。Windowsをはじめ、Mac OS X、Linuxに影響を及ぼすという。

同社では米国時間7月8日に緊急アップデートを公開する予定としており、Adobe Flash Playerや同ソフトを同梱するブラウザの利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - セキュリティアップデートが公開
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
「Chrome 76」のセキュリティ修正は43件 - シークレットモード検出対策やFlash無効化なども
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散