Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金庫の顧客情報入りUSBメモリなどが盗難被害 - ダンロップテニススクール

ダンロップテニススクールが運営する「マリンテニスパーク北村」で盗難事件が発生し、テニスレッスン受講者の個人情報含むUSBメモリ8本が被害に遭ったことがわかった。

ダンロップスポーツによれば、7月2日4時過ぎに、何者かが従業員控え室のガラスを破って侵入。金庫に保管されていた現金や預金通帳とともに、顧客の個人情報を保存したUSBメモリ8本が盗まれたという。防犯通報装置が作動したが、警備会社や警察が駆けつけたときは、持ち去られたあとだった。

被害に遭ったUSBメモリのうち、1本にはレッスン受講者約600人の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別などが保存されていた。また3本には258人分の氏名や口座情報が含まれる。残り4本については調査を進めている。同社では、対象となる顧客に対し、事情の説明や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金
商品券事業で委託先が個人情報を目的外利用 - 豊田市
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
顧客情報含む書類を保管箱ごと紛失、誤廃棄か - 興能信金
顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金