Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SC、「Active Directory」のクラウドサービスを提供

ソフトクリエイトは、クラウドを通じて「Active Directory」を提供する「SCCore Directory」を提供開始した。

同サービスは、Windows Serverのディレクトリサービス「Active Directory」をクラウド経由で提供するもの。オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドなどのシステムと連携するほか、組織内で稼働する「Active Directory」のバックアップとしても利用できる。

(Security NEXT - 2015/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
マカフィーの複数製品に脆弱性 - アップデートが公開
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
ADのPWセルフリセット製品にRCE脆弱性 - 報奨金制度で報告