Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETの一部検知エンジンに深刻な脆弱性 - 自動UDで修正

ESETのセキュリティ対策製品に含まれる一部マルウェア検知エンジンに深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。同社では自動アップデートを通じて修正を行っている。

同社のマルウェア検知エンジンにおいて、特定のマルウェアファミリーを検知するために搭載する一部エミュレーション機能に脆弱性が見つかったもの。「Windows」のほか、「Mac OS X」や「Linux」などすべての製品およびバージョンが影響を受けるという。

同脆弱性は、Google Project ZeroチームのTavis Ormandy氏が発見。同氏によれば、ウェブサイトのリンクをクリックすることをはじめ、データの入出力時におけるスキャンの際に脆弱性が悪用されると、管理者権限でコードが実行され、システムを奪取されるおそれがあるという。

報告を受けたESETでは、修正プログラムを用意。自動アップデート機能を通じて6月22日より提供を開始している。定義データベースのバージョンが「11824」以降であれば、今回の脆弱性の影響を受けない。

また同社では、同じく同氏より6月26日に報告を受けた別の脆弱性に対しても、定義ファイル「11861」を通じてアーカイブサポートモジュールを「同1231」にアップデート。脆弱性を解消したという。

(Security NEXT - 2015/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性