Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETの一部検知エンジンに深刻な脆弱性 - 自動UDで修正

ESETのセキュリティ対策製品に含まれる一部マルウェア検知エンジンに深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。同社では自動アップデートを通じて修正を行っている。

同社のマルウェア検知エンジンにおいて、特定のマルウェアファミリーを検知するために搭載する一部エミュレーション機能に脆弱性が見つかったもの。「Windows」のほか、「Mac OS X」や「Linux」などすべての製品およびバージョンが影響を受けるという。

同脆弱性は、Google Project ZeroチームのTavis Ormandy氏が発見。同氏によれば、ウェブサイトのリンクをクリックすることをはじめ、データの入出力時におけるスキャンの際に脆弱性が悪用されると、管理者権限でコードが実行され、システムを奪取されるおそれがあるという。

報告を受けたESETでは、修正プログラムを用意。自動アップデート機能を通じて6月22日より提供を開始している。定義データベースのバージョンが「11824」以降であれば、今回の脆弱性の影響を受けない。

また同社では、同じく同氏より6月26日に報告を受けた別の脆弱性に対しても、定義ファイル「11861」を通じてアーカイブサポートモジュールを「同1231」にアップデート。脆弱性を解消したという。

(Security NEXT - 2015/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開