Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flashへのゼロデイ攻撃、中国のグループが多方面に展開

緊急アップデートで修正された「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2015-3113」が、中国の攻撃グループによるAPT攻撃に悪用されていたことがわかった。

Adobe Systemsへ脆弱性を報告した米FireEyeが明らかにしたもの。同社は、今回の攻撃キャンペーンを「Operation Clandestine Wolf」と命名。中国で活動する攻撃グループ「APT3」による攻撃だと分析している。

同グループは、別名「UPS」として知られ、同社はこれまでも同グループが展開した「Operation Clandestine Fox」や「Operation Double Tap」といった攻撃キャンペーンについて報告している。

同社によれば、同グループは、ここ数週間にわたり、航空宇宙産業や防衛産業、建築、ハイテク、通信、物流分野などを対象とした大規模なフィッシング攻撃を展開。メールに記載されたURLをクリックすると、悪意あるJavaScriptが埋め込まれたページへ誘導され、悪意ある「SWFファイル」や「FLVファイル」がダウンロードされるしくみだった。

一方攻撃に使用されたメールの内容は、AppleのiMacを低価格で販売するといった従来のスパムによく見られるもので、特に攻撃対象に絞った内容ではなかったという。

(Security NEXT - 2015/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、月例パッチで修正 - 他脆弱性にも注意
「Exchange Server」のゼロデイ脆弱性、10月定例パッチに修正含まれず
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
「Exchange Server」ゼロデイ脆弱性、緩和策も刻々変化