Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トランスウエアのスパム対策製品が「DMARC」対応

トランスウエアは、「なりすましメール」対策を強化したスパム対策製品の最新版「Active! hunter 3.3.9」を提供開始した。

同製品は、ユーザーから寄せられたスパムメール情報をもとに検知するコラボレーション型フィルタ「CLOUDMARK」と、学習型フィルタ「SVM」を搭載したスパム対策製品。

最新版では「DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance)」に対応。送信ドメイン認証である「SPF」と「DKIM」の認証結果による処理が可能となった。

(Security NEXT - 2015/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
フィッシングURL、1カ月で5万件超 - 過去最多更新
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシング対策GLが改訂 - 実施すべき要件に「本文中リンクをクリックしないこと」
国内主要上場企業の約半数がDMARC導入 - 対象ドメインの12.1%