Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキーと静岡大、小中学生と保護者向けのスマホ検定を無償提供

カスペルスキーと静岡大学は、小中学生とその保護者を対象とした検定サービス「ジュニアスマホ検定」を共同開発した。専用ウェブサイト上で公開しており、無償で利用できる。

同検定は、小学校4年生から中学3年生までの生徒とその保護者を対象としたもので、スマートフォンにおけるインターネット利用時の基礎知識を学ぶことができる。また検定結果をもとに子供と保護者が話し合うことで、スマートフォン利用上のルールを決めるきっかけにもなるとしている。

検定は「基本」と「上級」の2種類があり、インターネットの利用状況、モラル、セキュリティ、法関連の4ジャンルからランダムに出題される。80点以上が合格で、合格証書を発行。また、スマートフォン利用時のルール作成に活用できるテンプレートも提供している。

(Security NEXT - 2015/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
スマホ決済、約3割が「セキュリティ対策充実」を重視
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県