Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe Flash Playerが緊急更新 - ゼロデイ攻撃へ対応

Adobe Systemsは、ゼロデイ攻撃が確認されている脆弱性に対処するため、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを急遽公開した。

20150624_as_001.jpg
ゼロデイ脆弱性へ対応したAdobe Systems

今回のアップデートは、ヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2015-3113」を修正するセキュリティアップデート。「Windows」「Mac OS X」「Linux」のいずれも影響を受けるとしており、脆弱性が悪用された場合、システムの制御を奪取されるおそれがある。

同社は、今回明らかになった脆弱性「CVE-2015-3113」について、「限定的」としているが、標的型攻撃へすでに悪用されており、「Windows 7」上で動作する「Internet Explorer」や、「Windows XP」上で動作する「Firefox」などを対象とした攻撃が確認されているという。

同社では、「Windows」および「Mac OS X」、「Chrome」や「Internet Explorer」の同梱版に脆弱性を解消した「同18.0.0.194」を提供。最新版を利用できないユーザーに対しては「同13.0.0.296」、「Linux」向けに「同11.2.202.468 」を公開した。

適用優先度は、「Windows」「Mac OS X」およびブラウザ同梱版については、3段階中もっとも高い「1」にレーティング。72時間以内のアップデートを呼びかけている。「Linux」に関しては適用優先度についてはもっとも低い「3」とした。

同社では6月9日に前回のアップデートを実施しており、2週間であらたな更新を公開したことになる。前回のアップデートで修正した脆弱性に対する攻撃もすでに確認されている

(Security NEXT - 2015/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - セキュリティアップデートが公開
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
「Chrome 76」のセキュリティ修正は43件 - シークレットモード検出対策やFlash無効化なども