Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

救命講習修了証が所在不明 - 大阪市消防局

大阪市旭消防署において、救命講習の修了証を紛失したことがわかった。

普通救命講習の修了証89人分が所在不明となっているもの。修了証には氏名や生年月日など個人情報が記載されていた。

5月27日の一部受講者へ交付予定だった修了証で、消防署の職員が一時預かり、封筒で保管していたが、6月9日に所在不明になっていることが判明したという。同市では、関係者に事情を説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2015/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
保管期間中の宿泊台帳が所在不明に - オリックス・ホテルマネジメント
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院