Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Galaxy S」の一部アップデート機能に脆弱性 - MITMのおそれ

韓サムソン製スマートフォン「Galaxy S」のアップデート機能に脆弱性が含まれていることがわかった。通信キャリア経由でファームウェアが提供されている。

同製品にプリインストールされている「Swiftkey」が言語パックをアップデートする際、正しく検証しない脆弱性「CVE-2015-2865」が含まれているもので、セキュリティ機関が注意を呼びかけた。

影響を受けるのは、「Galaxy S4 Mini」「Galaxy S4」「Galaxy S5」「Galaxy S6」の4機種で、アップデートはHTTP通信で行っており、中間者攻撃によってデータを改ざんされるおそれがあるという。

セキュリティ機関は、「Swiftkey」によるアップデートの確認頻度は少なく、攻撃が可能になる可能性は低いとしつつも、ファームウェアをアップデートするよう呼びかけている。

またファームウェアのアップデートが提供されていない場合は、公衆無線LANなど、信頼できないネットワークを避けるといった回避策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性