Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト閲覧でマルウェア感染か、情報流出は確認されず - 新潟県

新潟県は、県庁の情報ネットワークに接続しているパソコン1台が、外部へアクセスするマルウェアに感染していた可能性が高いことを明らかにした。

不審なアクセスが検知されたのは新発田地域振興局企画振興部が利用する端末1台。国内のウェブサイトを閲覧した際に、マルウェアへ感染した可能性が高いとしている。

職員が6月15日に国内のウェブサイトを閲覧した際、不審なサイトへのアクセスを警告する表示がセキュリティ製品によって行われたが、終業時間のため調査を行わずにパソコンの電源を落として業務を終了。翌16日にも定期的に警告されたことを受けて、端末をネットワークから遮断して調査を実施。アクセスログから、定期的に海外のサイトへアクセスを試みていたことが判明した。

同県ではサイト閲覧中にマルウェアへ感染した可能性が高いとしているが、マルウェアの詳細は明らかにされていない。同県では調査の結果、情報流出は確認されなかったとし、端末について初期化する方針だという。また他パソコンにおいても不審な挙動は確認されていないとしている。

同県では、新潟県工業技術総合研究所とデータをやり取りを行った際、新潟県工技総研のデータから一時マルウェアの警告が表示されるといった騒ぎも6月に入ってから発生している。

(Security NEXT - 2015/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート