Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先3事業者が労働保険書類を誤送付 - 厚労省

厚生労働省は、事業主宛ての通知書などの発送業務を委託している3事業者において、あわせて58件の誤送付が発生していたことを明らかにした。

誤送付が発生したのは、同省から事業主に送付する「労働保険概算・確定保険料申告書及び労災保険率決定通知書」。全国8ブロックのうち、東京、近畿、中国・四国ブロックの送付業務を同省より請け負っている3事業者において、異なる事業所宛ての書類を同じ封筒に入れて送付していたことが、6月5日に事業所からの連絡により判明した。

誤送付の件数はあわせて58件。事業所の名称や住所、事業主の氏名、労働保険番号、申告済みの概算保険料額、保険料率などが記載されていた。対象となる事業所には、同省の職員が謝罪を行うとともに、書類を回収。正しい送付先へ届けたという。

同省では、誤送付した受託事業者に対して厳正な対処を実施するとしている。

(Security NEXT - 2015/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
郵送チケットに宛名と別人の氏名など記載 - アパレル会社
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE