Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入りPCが盗難、見知らぬ人との会話中に - 名古屋大

名古屋大学太陽地球環境研究所の教員が、出張先のスウェーデンで盗難に遭い、個人情報を含むノートパソコンが被害に遭ったことがわかった。

現地時間5月31日12時30分、レストランで食事中に見知らぬ男性から声を掛けられて会話した間に、イスの上に置いていた鞄が持ち去られた。鞄にはノートパソコンが入っていた。

パソコンには、教員が担当する講義を受講している学生の氏名や成績のほか、研究所の学生や教職員の氏名、メールアドレスなど含む研究所連絡一覧など、のべ271人分の個人情報が保存されていた。一部データにはパスワードを設定していたという。

現地警察や日本大使館に被害届を提出するなど対応を行うとともに、対象となる学生と教職員には謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2015/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大
患者情報含むデジカメ記録メディアの紛失事故2件が発生 - 東海大病院
在籍者一覧など学生情報含むファイルを誤送付 - 尚美学園大
患者情報含む書類を誤廃棄、資源物置場から回収 - 熊本大病院
生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大高等部
患者情報を別の連携医療機関へ誤送付 - 藤田医科大病院
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市