Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【Interop】「Interop Tokyo 2015」が開幕 - 展示会は10日から

インターネットテクノロジーをテーマとした総合イベント「Interop Tokyo 2015」が開幕した。

同イベントは、相互接続性(Interoperability)を実際に検証する場として1994年にスタート。インターネットテクノロジーに関する最先端の情報を発信しており、今回で22回目となる。

6月8日、9日の日程で東京大手町サンケイプラザにてカンファレンスを開催。さらに同月10日からは幕張メッセへ場所を移し、3日間の日程で展示会が催される。

今回のテーマは「Endless Possibilities〜ここから広がるコネクテッド・エコノミー」。「セキュリティ」をはじめ、「クラウドコンピューティング」「IoT/M2M」「Software Defined Infrastructure」など注目のテーマに関する展示が多数行われる予定。

「Connected Media Tokyo 2015」「デジタルサイネージ ジャパン 2015」「ロケーションビジネス ジャパン 2015」「APPS JAPAN 2015」など同時併催のイベントを含め、約14万名の動員を見込んでいる。

展示会の入場料は5000円。招待券の持参や、ウェブによる事前登録で無料で入場できる。詳細は同イベントページから。

(Security NEXT - 2015/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
「JSAC 2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
まもなく「SECCON CTF 2022」のオンライン予選 - 賞金総額100万円
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市