Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムの脆弱性を狙うアクセスが増加 - リモートより攻撃されるおそれ

制御システムに関しては、セキュリティベンダーなどからも攻撃の増加に対する懸念の声が挙がっている。デル・ソフトウェアの調査では、「SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)」に対する攻撃が2014年は前年から倍増したという。

制御システムのセキュリティ問題に関しては、情報処理推進機構(IPA)が「制御システム利用者のための脆弱性対応ガイド」を用意。また制御システムベンダーに対しては、JPCERTコーディネーションセンターが「制御システム用製品の開発ベンダにおける脆弱性対応について」を提供している。

(Security NEXT - 2015/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
「制御システムセキュカンファレンス2021」の参加受付がスタート
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
三菱電機製品の「TCPプロトコルスタック」に脆弱性 - 制御システムなどに影響
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始