Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、露政府の関与疑惑がある標的型攻撃で悪用されたゼロデイ脆弱性を修正

日本マイクロソフトは、ゼロデイ攻撃による悪用が確認されている脆弱性「CVE-2015-1701」に対し、5月の月例セキュリティ更新で修正パッチの提供を開始した。

20150513_ms_001.jpg
5月の月例パッチとして公開した「MS15-051」

問題の「CVE-2015-1701」は、「カーネルモードドライバ」において特権の昇格が生じる脆弱性。同社では、深刻度「重要」の月例パッチ「MS15-051」により、ほかの脆弱性5件とあわせて修正した。

「CVE-2015-1701」は、「Adobe Flash Player」に判明したメモリ破壊の脆弱性「CVE-2015-3043」と組み合わせた標的型攻撃で悪用が確認されている。

米FireEyeが検知した「RussianDoll作戦」において悪用されたもの。同作戦は、ジョージア(旧グルジア)や西ヨーロッパ諸国などの政府、軍事関連組織、セキュリティ組織などを対象とたもの。

(Security NEXT - 2015/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ