Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ProFTPD」に脆弱性 - 任意のコードを実行される可能性も

FTPサーバである「ProFTPD」の一部モジュールに、リモートから任意のファイルをコピーできる脆弱性が存在し、条件によっては任意のコマンドが実行されるおそれもあるとして専門家が注意を呼びかけている。

今回明らかになった「CVE-2015-3306」は、FTPサーバ「ProFTPD」のモジュール「mod_copy」に存在する脆弱性。一部コマンドが権限をもたないクライアントから実行可能となる。FTPにおいてAnonymous用のディレクトリを用意していたり、ウェブサーバの公開ディレクトリに対して、「ProFTPD」が書き込み権限を持つ場合、任意ファイルの内容が漏洩するおそれがある。

さらに、今回の脆弱性について検証を行ったソフトバンク・テクノロジーによると、特定の条件下で脆弱性を悪用することにより、「ProFTPD」の実行権限でリモートから任意のコードを実行可能になるという。

具体的には、「ProFTPD」にウェブサーバの公開ディレクトリに対する書き込み権限が与えられていることに加え、「ProFTPD」のログを読み取ることが可能な場合、任意のコマンドを実行した上で出力結果をブラウザから参照される場合があるとしている。

すでに攻撃コードが流通しており、容易に攻撃を行うことができると指摘。開発版となるが、修正版のソースが公開されているほか、利用環境に応じて対応状況を確認した上で、アップデートを検討するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表