Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、ドローン撮影に注意喚起 - プライバシー侵害や個人情報保護法違反のおそれ

総務省は、無人小型機「ドローン」を利用することによって、普段は人の目が届かない場所での撮影が可能になるとし、撮影した画像をインターネットで公開する場合は、プライバシーや肖像権を配慮するよう注意喚起を行った。

撮影や映像に写り込んだ人物に同意なくインターネットで公開した場合、プライバシーや肖像権を侵害するおそれがあるとして注意を呼びかけたもの。

映像データの公開によって、不法行為による損害賠償リスクがあるほか、衣服をつけない場所では、撮影自体が軽犯罪法違反にあたる。また個人情報取扱事業者が無断で人物を撮影した場合、不正な手段による個人情報の収集となり、個人情報保護法違反となるおそれがあると説明している。

同省は、写り込んだ人物の同意取得を前提とする一方、同意を得ることが困難な場合は、人の顔や車のナンバープレートなどへぼかしを入れるなど、配慮を呼びかけた。また画像公開サービスなどを提供する電気通信事業者に対しては、削除依頼に対応できる体制の整備を求めている。

(Security NEXT - 2015/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
JIPDEC、YouTubeチャンネル「デジタルトラストチャンネル」を開設
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス