Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、ICチップのセキュリティを紹介するセミナー

情報処理推進機構(IPA)は、ICチップに関するセキュリティを紹介する「ハードウェアセキュリティセミナー」を6月8日に都内で開催する。

同セミナーは、ICチップの構造や弱点のほか、ICチップを対象とした攻撃や脅威、攻撃を受けた場合の影響、攻撃に対する対策などを紹介するセミナー。

ICチップに載せる組込ソフトの開発者や、セキュリティ技術を導入したいハードウェアの開発者、ハードウェアセキュリティの説明が必要となる技術営業担当者などを対象としている。受講にあたって前提知識は不要。

参加費用は1000円で、定員は30名。先着順で受け付ける。セミナーの詳細や申し込み方法などは、同セミナーの紹介ページから。

(Security NEXT - 2015/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
みずほ銀でシステム障害 - 一時店頭で取引できず
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
IoT開発者向けのセキュリティ手引書を公開 - SIOTP協議会