Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Check PointとFireEye、脅威情報の共有でパートナーシップ締結

イスラエルのCheck Point Software Technologiesと米FireEyeは、脅威情報の共有に関するパートナーシップを締結したと発表した。

今回の協業により、Check Pointの脅威情報配信サービス「ThreatCloud」および対策ソリューションと、FireEyeの脅威対策プラットフォームにおいて、脅威情報をリアルタイムで共有する。

共有する情報は、攻撃に使用されているIPアドレスやドメイン名、ファイルのハッシュ値などで、両社の製品にリアルタイムに反映する。

(Security NEXT - 2015/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇