Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プラポリ調査、人気アプリの多くが記載不十分 - 勝手に情報送信も

人気アプリを対象としたプライバシーポリシーに関する実態調査で、前年から改善傾向は見られるものの、記載内容が不十分なアプリが引き続き多いことがわかった。約14%のアプリは、プライバシーポリシーに情報送信について記載がないにもかかわらず、位置情報などを外部へ送信していたという。

20150420_so_001.jpg
実証実験や周辺施策の内容(図:総務省)

不正なアプリによって、スマートフォン内部の情報が外部へ送信される問題が発生していることを受け、総務省が利用者情報の取り扱いに関する実態調査を実施。プライバシーポリシーの記載状況や、アプリが実際にプライバシーポリシーに従って利用者情報を取り扱っているか検証したもの。

同省では有識者による検討を踏まえ、2012年に利用者情報の取り扱い指針を定めた「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」を決定。さらに翌2013年、「スマートフォンプライバシーイニシアティブII」で第三者検証について方針を固め、「スマートフォンアプリケーションプライバシーポリシー普及・検証推進タスクフォース」で検討。技術面から第三者が検証するしくみの構築を目指している。

(Security NEXT - 2015/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
JIPDEC、YouTubeチャンネル「デジタルトラストチャンネル」を開設
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし