Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OracleがCPUを公開 - 98件の脆弱性に対処

Oracleは、四半期ごとに公開している同社製品の定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。

今回のアップデートでは、「Java SE」や「Oracle Database」「Oracle MySQL」をはじめ、15の製品グループに存在する脆弱性98件に対応した。

さらに「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Fusion Applications」「Oracle Hyperion」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Applications」「Oracle Retail Industry Suite」「Oracle Health Sciences Applications Suite」「Oracle Right Now Service Cloud」「Oracle and Sun Systems Products Suite」「Oracle Support Tools」などの修正が含まれる。

共通脆弱性評価システム「CVSS v2」でスコアが「7.0」以上の脆弱性は18件。同社では、脆弱性の悪用を防ぐため、テスト環境で動作を確認した上で早期にアップデートを適用するよう推奨している。

また今回のCPUをもって「Java SE 7」の公式アップデートが終了する。利用しているバージョンの確認を行ったうえで、最新版へ移行するよう求めている。

(Security NEXT - 2015/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも