Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチ11件を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正

日本マイクロソフトは、4月の月例セキュリティ更新情報11件を公開した。ゼロデイ脆弱性を含め、あわせて26件の脆弱性を修正している。

20150415_ms_001.jpg
4月のセキュリティ更新一覧(表:日本MS)

最大深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」は4件。いずれも脆弱性が悪用された場合、リモートでコードを実行されるおそれがある。

「MS15-033」では、Officeの脆弱性5件に対応したが、なかでもメモリ破壊の脆弱性「CVE-2015-1641」については、すでに脆弱性が公開されており、同社は「限定的」としているが、ゼロデイ攻撃に悪用されていた。

「Internet Explorer」向けに提供する「MS15-032」では、メモリ破壊の脆弱性10件や、ASLRがバイパスされる脆弱性1件など、あわせて11件の脆弱性を解消。細工されたページを閲覧し、脆弱性が攻撃を受けるとコードを実行されるおそれがある。

「MS15-034」では、Windowsにおいて細工されたHTTPの要求を受けた際にコードが実行される「HTTP.sys」の問題を解決した。「MS15-032」「MS15-034」いずれも悪用可能性指標が3段階中もっとも高い「1」にレーティングされている。

さらに悪用可能性指標は1段低い「2」となるが、「MS15-035」で「Microsoft Graphicsコンポーネント」に関する脆弱性1件を修正している。

(Security NEXT - 2015/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
米当局、「Chromium」の脆弱性悪用に警鐘 - 派生ブラウザでも注意を
ゼロデイ脆弱性を修正した「Microsoft Edge」のアップデートが公開
軽量プロクシ「Tinyproxy」に脆弱性 - 報告者と開発者に溝
ブラウザ「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 緊急アップデートが公開
米政府、脆弱性「Citrix Bleed」についてガイダンスを公開