Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング、2月に再び増加 - 昨年末と同水準に

EMCジャパンRSA事業本部は、同社が2015年2月に検知したフィッシング攻撃の状況を取りまとめた。2014年11月から減少傾向だったが、2月は上昇に転じている。

20150406_rs_001.jpg
フィッシングの検知数推移(グラフ:EMC)

同社が2月に観測したフィッシング攻撃は4万6343件。1月の4万1397件を上回り、2014年12月の4万6747件とほぼ同じ水準だった。急増した11月の6万1278件をピークに減少傾向が続いていたが、再び上昇に転じた。

フィッシング攻撃を受けた回数の割合を国別に見ると、米国が4ポイント増となる67%。カナダとイギリスが8%で続く。4位以下の国はいずれも5%以下だった。フィッシング攻撃を受けたブランドは、前月を15件下回る202件。5回以上の攻撃を受けたブランドは135件と6割を超えている。

フィッシングサイトのホスト国の割合は、米国が6ポイント増となる50%で半数を占めた。イギリス、イタリアがともに8%、ドイツが4%と続く。日本国内でホストされたフィッシングサイトは、4件増となる24件だった。

(Security NEXT - 2015/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも