Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を職員が泥酔して紛失、2日後回収 - 大阪府

大阪府富田林土木事務所の職員が、関係者の個人情報が記載された資料を酒に酔って紛失していたことがわかった。2日後に拾得者から連絡があり、回収した。

大阪府の発表によれば、3月27日深夜、職員が帰宅途中に飲食店で飲酒。帰宅せず付近の路上で眠り、翌28日早朝に携帯していた鞄の紛失に気付いたという。

紛失したのは、大雨などの警報が出た際に、洪水や土砂災害などに備える体制を整えるための連絡先が記載された「平成26年度水防非常勤務要領(抜粋版)」。府職員176人分の氏名や携帯電話番号14件のほか、関係市町村職員53人分の氏名、契約業者の従業員19人分の氏名と携帯電話番号などが含まれる。

30日に投棄されていた資料が発見され、拾得者からの連絡を受け回収した。対象となる関係者には、電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
業務端末を置き忘れて紛失、個人情報は内部メールのみ - 名古屋電機工業
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター