Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通BSC、MDMサービスにコンテンツ管理を追加

富士通ビー・エス・シーは、組織内の文書をモバイル端末より閲覧できるコンテンツ管理サービス「FENCE-Mobile ContentsManager」を提供開始した。

同サービスは、すでに提供しているMDMサービス「FENCE-Mobile RemoteManager」において、コンテンツ管理を実現するもの。紙で配布していた資料などを電子ブック化してデータセンターで一括管理し、モバイル端末から閲覧できる。

またコンテンツに対し、配信先の指定や閲覧期間の限定が可能。ダウンロードしたコンテンツをリモートから強制削除できる。また、閲覧方法をデータを端末に残さないストリーミングに指定することも可能。コンテンツ自体にパスワードが設定できる有料オプションも用意されている。

(Security NEXT - 2015/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減