Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報を保存したPCが盗難被害 - 筑波大付属病院

筑波大学付属病院は、患者の個人情報が保存されたノートパソコンが盗難被害に遭ったことを明らかにした。

同大の大学院生が学外で盗難被害に遭ったもので、被害に遭ったパソコンには、患者など165人分の個人情報が保存されていたという。氏名や年齢、手術日、病名の略号、手術や術後経過に関する情報などが含まれる。

同院では、対象となる患者へ電話で事情を説明。また書面や訪問などにより謝罪を行っている。盗難に遭った情報の不正利用など、報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2015/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
民生委員が書類紛失、自転車のカゴからなくなる - 三重県
サイト公開動画に新型コロナ患者情報 - 神戸市立病院
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大