Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、北米にSOCを開設 - 情報収集やサービスを強化

NRIセキュアテクノロジーズは、米国カリフォルニア州の北米支社内に、セキュリティオペレーションセンター(SOC)を開設した。

同センターには、情報収集機関として「セキュリティリサーチラボ」を設置。最新のセキュリティ脅威動向の調査や、世界各国のセキュリティ組織との連携による情報収集、米国内のセキュリティ製品パートナーと連携したセキュリティ技術の検証などを進める。

また、北米支社が提供しているマネージドセキュリティサービスを拡充。SOCが企業の情報システムを遠隔スキャンして脆弱性を検出する「クラウド型脆弱性マネジメントサービス」を提供する。そのほか、「セキュリティ機器マネジメントサービス」や「セキュリティログ監視サービス」など既存サービスの強化を行う予定。

同社ではこれらのマネージドセキュリティサービスにより、5年後に世界30カ国で年間100億円の売上げを目指すという。

(Security NEXT - 2015/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
SOCで「Exchange Server」への攻撃は未観測、PoCも未確認 - ラック
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント