Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横河電機の「HART Device DTM」に脆弱性

横河電機の一部製品における「HART Device Type Manager(DTM)」にバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2014-9191」が含まれていることが判明した。接続する機器に影響を及ぼすおそれがある。

同社の「PRM」「FieldMate」「EJXMVTool」などに同梱されている「HART Device DTM」に脆弱性が含まれていることが判明したもの。「HART Device DTM」と機器を接続した場合、接続する機器に脆弱性はないものの、細工したパケットによってDTMコンポーネントやFDTフレームアプリケーションが停止するおそれがあるという。

同社では、攻撃の実行には特定のタイミングで行う必要があり、悪用されるリスクは低いと説明。対策方法については、同社サポートまで問い合わせるようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2015/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を