Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横河電機と米Cisco、プラント制御システム向けソリューション

横河電機と米Cisco Systemsは協業し、プラントの制御システム向けサイバーセキュリティ管理ソリューションを提供する。

同ソリューションは、複雑化するプラントのセキュリティ管理を包括したソリューション。Shellがグローバルに推進するSecurePlant プロジェクトに向けて両社とShellで共同開発した。

制御システムのセキュリティ管理を強化するためのソリューションで、設計から構築、運用までをカバー。具体的には、制御システムで利用するOSのセキュリティパッチやマルウェア対策ソフトのパターンファイル配信、制御システムにおける実装状態のリアルタイム監視、24時間体制のヘルプデスクサービスなどが含まれる。

同ソリューションは、今後3年間で世界各地にある50カ所のShellのプラントに導入していく予定。

(Security NEXT - 2015/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「制御システムセキュカンファレンス2021」の参加受付がスタート
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
三菱電機製品の「TCPプロトコルスタック」に脆弱性 - 制御システムなどに影響
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加