Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LSIの個体差から固有IDを生成する新技術

三菱電機、立命館大学、科学技術振興機構の3者は、LSIの個体差により、認証に利用できる固有IDを生成できる新技術を開発した。

今回開発した技術は、同じLSIであっても製造段階によって生じる個体差から、固有IDを生成するもの。特殊な製造プロセスがなくてもさまざまなLSIに適用できる。

生成した固有IDは、プログラムの暗号化や認証などの用途に活用できるため、機器に搭載されるプログラムの保護や、機器のなりすまし防止などへ応用が可能だという。今後は、2015年度以降を目標に三菱電機の製品に適用する予定。

(Security NEXT - 2015/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も