Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LSIの個体差から固有IDを生成する新技術

三菱電機、立命館大学、科学技術振興機構の3者は、LSIの個体差により、認証に利用できる固有IDを生成できる新技術を開発した。

今回開発した技術は、同じLSIであっても製造段階によって生じる個体差から、固有IDを生成するもの。特殊な製造プロセスがなくてもさまざまなLSIに適用できる。

生成した固有IDは、プログラムの暗号化や認証などの用途に活用できるため、機器に搭載されるプログラムの保護や、機器のなりすまし防止などへ応用が可能だという。今後は、2015年度以降を目標に三菱電機の製品に適用する予定。

(Security NEXT - 2015/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ランサム暗号化を一部逃れるも流出可能性は否定できず - ダイナムJHD
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
業務用PCとスマホを電車内に置き忘れて紛失 - 朝日工業社
約3カ月ぶりに「Emotet」が攻撃再開 - 「信頼できる場所」で警告回避
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
大阪急性期・総合医療センターにサイバー攻撃 - 電子カルテが被害
「新生銀行」を装うフィッシング - 乱数表の写真も要求
ランサム被害、侵入経路はVPN機器の脆弱性 - 日本盛
個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市