Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAとNISC、包括的な協力協定を締結 - サイバーセキュリティ基本法の施行を受けて

情報処理推進機構(IPA)と内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、サイバーセキュリティ基本法を踏まえた包括的な協力協定をあらたに締結した。

両社はこれまでも、2010年9月に締結した覚書に基づき、脆弱性関連情報などをNISCと共有するなど協力してきたが、2014年11月に成立したサイバーセキュリティ基本法の施行を受け、協力関係を見直し、包括的な協力協定をあらたに締結した。

同協定は、IPAが有するサイバーセキュリティに関する技術的、専門的な知識や情報を共有することで、サイバーセキュリティに関する施策の推進に寄与することを目的としている。

具体的には、脆弱性や暗号アルゴリズムの危殆化、標的型攻撃などに関連する情報の共有や、政府機関のシステム調達におけるセキュリティ認証に関する分野、国民と企業に対するサイバーセキュリティの普及啓発などで協力していく。

(Security NEXT - 2015/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
サイバー攻撃被害の情報共有に向けて検討会 - 政府
セキュリティ対策強化を再度呼びかけ、中小企業も対策を - 政府
政府、大会関係者に北京五輪公式アプリ利用で注意喚起 - 期間中の攻撃にも警戒を
「サイバーセキュリティ月間」が開始、マクロスとタイアップ - 「おぼえていますか」と対策をアピール
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施