Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

祝日と重なる2月のMS月例パッチ公開に注意を

今週水曜日の2月11日は、日本マイクロソフトによる月例セキュリティ更新プログラムの公開予定日だ。日本では祝日と重なるため注意する必要がある。

同社は、脆弱性を修正する更新プログラムを、日本時間の第2または第3水曜日に毎月公開している。

2015年は2月11日が予定日となっており、日本の祝日である「建国記念の日」と重なり、同日が非営業日の企業も少なくない。長期休暇ではなく、単独の祝日ではあるものの、修正プログラムの公開から攻撃が発生するまでのスパンは短くなっており、警戒しておく必要がある。

2015年1月より、同社は従来実施していた事前予告の一般公開を中止している。そのため2月の公開予定件数や修正対象となる製品、深刻度などはわかっていない。しかし、これまでの傾向を見ると、なんらかの修正プログラムが提供される公算は大きい。

また「Internet Explorer」に未修正の脆弱性が存在していることが判明しており、実証コードも公開されている。こうした問題に月例パッチで対処する可能性もある。

同脆弱性はもちろんのこと、そのほか早急に対応すべきアップデートがないか、特に企業のIT管理者は目を光らせておく必要があるだろう。

(Security NEXT - 2015/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性