Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年4Qの脆弱性登録は3072件 - Androidアプリが1200件超

情報処理推進機構(IPA)は、2014年第4四半期における脆弱性データベース「JVN iPedia」の登録状況を取りまとめた。同四半期は、JVNにAndroidアプリの脆弱性情報が多数登録されたという。

「JVN iPedia」は、国内のソフトウェア開発者が公表した脆弱性情報や、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」の公開情報、米国国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」の公開情報を収録したデータベースで、2007年4月より運用されている。

2014年第4四半期にあらたに登録された脆弱性対策情報は3072件。内訳は、JVNの掲載情報が1408件、NVDの情報が1661件、国内製品開発者による登録情報は3件。これにより、累計登録件数は5万1499件となった。また英語版では37件の登録があり、累計件数は1138件。

JVNの掲載情報が前四半期の349件から約4倍に急増した原因は、SSL証明書の検証処理に不備がある脆弱性があるとして、1200件を超えるAndroidアプリの脆弱性関連情報が登録されたことに起因している。

同脆弱性の影響は、種類別登録件数の結果にも表れており、「暗号の問題」が1323件で圧倒的に多く、「クロスサイトスクリプティング(281件)」「認可、権限、アクセス制御(159件)」「情報漏洩(138件)」が続いた。

(Security NEXT - 2015/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
CSIRTの倫理規範「EthicsfIRST」の日本語版を公開 - JPCERT/CC
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表